WordPressで顧客管理ができるプラグイン「Flamingo(フラミンゴ)」

プレゼントお申し込みフォームを作ったからには、メールアドレスリストも取得したい…。
Contact Form 7 はたいへん高機能なメールフォームですが、Contact Form 7 そのものに顧客管理機能(CRM)やデータ保存機能はありません。

そこでContact Form 7 の補助的なプラグイン「Flamingo(フラミンゴ)」の出番です。

Flamingo では、Contact Form 7から送信されたメールアドレスやメッセージ内容を保存・管理してくれるので、簡易的な顧客管理(CRM)として使えます。

さらにわたくしの余談ですが、友人のサイトにContact Form 7 を使って特典お申込みフォームを設置したものの、メールが届かない事態が発生!
しかし、Flamingoを入れていたおかげで、頂いたお名前とメールアドレスの取りこぼしを防ぐことができました。

>> Contact Form 7 からメールが届かない!こんなときどうする!?Gmail向けプラグイン

スポンサーリンク




Flamingo プラグインの特徴

  • Contact Form 7 から送信されたメールアドレスやメッセージ内容を保存管理
  • WordPressにコメントを頂いた人のお名前、メールアドレス、コメント数、コメント内容の管理
  • 簡易的な顧客管理(CRM)に使える
  • CSV出力(エクスポート)機能付き

Flamingoプラグインのインストール

プラグイン > 新規追加をクリック。

右上検索バーに「Flamingo」と記入。

今すぐインストール をクリック。

有効化 をクリック。

Flamingoのインストールは以上です。

Flamingoプラグインの使い方

Flamingoをクリック。

Flamingoインストール直後の画像です。
管理者のメールアドレスと名前が表示されています。

※場合によっては、コメントを下さってる方のお名前、メールアドレスが表示されることがあります。

お申し込みフォームメールの送受信テスト(3件)も兼ねて、Flamingo にどのように反映されるのかを確認してみました。
Flamingo→受信メッセージ」をクリック。

お申し込みフォームメールの送受信3件分が表示。
応募 花子」の「your-title」をクリックしてみます。

お客様から頂いたメール内容は、こんな感じでFlamingo にデータ保存されます。

注意点:絵文字が入力されると反映されない!

Flamingo はContact Form 7 から送信された内容(お名前、メールアドレス、テキストエリア等)を保存してくれますが、絵文字が記入されるとデータに反映されないようになってしまうようです。

特にメッセージ内容(テキストエリア欄)を必須にしていてなおかつ、お客様が携帯電話(スマホ、ガラケー)でメッセージ内容(テキストエリア欄)を送信される場合は注意が必要です。
「絵文字の使用は不可」など、注意を促したほうがよいでしょう。

Flamingo プラグインはCSV出力(エクスポート)も可能

Flamingo > 受信メッセージ」をクリック。

1.「すべての経路を表示する」よりCSV出力(エクスポート)したいContact Formのタイトルを選ぶ。

2.「フィルター」をクリック。

3.エクスポートをクリックし、お好きなディレクトリに保存。

CSVをExcel(XLSX)に変換したい場合

CSVをExcel(エクセル)で開こうとすると文字化けします。
CSVの文字コードはUTF-8のため、Excelで開くにはShift_JISに変換しないといけません。

サクラエディタ、秀丸などのテキストエディタでShift_JISに変換し、改行コードを「CR+LF」に変更して保存。

または、CSV から XLSX (EXCEL)をオンラインで変換してくれるサイトもあります。

参考CSV XLSX (EXCEL) 変換。オンライン フリー — Convertio

参考サイト

Flamingo設置の際、参考にさせていただきました。
参考お問い合わせの鉄板Contact Form 7にデータ保存機能をつけるFlamingo | ゆうそうとITブログ

CSVからXLSX (EXCEL)にオンライン上で変換してくれます。
参考CSV XLSX (EXCEL) 変換。オンライン フリー — Convertio

スポンサーリンク







シェアする